05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2018.06.10 (Sun)

河原散歩。

 最近、小梅の介護?で疲れて寝てしまうので、なかなかアップできず写真・動画がたまっていたので今頃ですがアップです。

4/21(土)の夕方河原へ散歩に行って見つけた、マムシがはじめ死んでいるのかと思って棒でつついてみました。

見た目は胴が太くて長さが短かったので、”つちのこ”かと思ってしまいました。

動き出したので、噛まれても困るので近寄らないでよしました。

20180421-1.jpg

20180421-2.jpg
 


 
 

 
 



スポンサーサイト
12:14  |  そら  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.05.30 (Wed)

うるさい

小梅の叫びが凄い(*´・ω・`)bです。
今朝は3時に起こされ、6時まで鳴きっぱなしでした。
約3時間、ひたすら起き上がらせて、歩かせて、そのまま寝るのを待ちました。
しかし、小梅は一向に鳴き止まず、大変です。


2018060110070719b.jpg


そらは常に小梅と一緒にいるので、相当ストレスがたまっているのではないかと思います。
でも今まで小梅が、ななこに変わってストーカーしていたので、それが出来なくなって、今はそらがストーカーしています。🍀😌🍀
12:47  |  わんにゃん  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.05.12 (Sat)

そらと小梅

3月に更新してから2ケ月もたってしまいました。そらと小梅の近況です。

 小梅の夜泣きが日々続いています。昼間も泣いていますが、昼間は気が付けばすぐに対応できるのでいいんですが。

夜泣きのせいで最近は寝不足気味です。泣いた時の対処は今のところ、起こして腰のあたりを支えて歩かせることです。

歩かせるといっても、真っ直ぐは歩けないので、左回りでぐるぐる回るだけになってしまいます。

後ろ足がもう完全に脚力がなくなってしまっているので、立たせようとしても前につっぱてしまい立てません。

そんな感じなので夜9時前にいつの間にか寝ていて、起きるともう10時を過ぎていることがほとんどです。

ご飯は普通に食べられているので、問題ありませんが体重がさらに減っています。

先日、狂犬病の注射をするために病院に連れて行きました。体重が4.3キロまで落ちました。

小梅のもともとの体重が9~10キロでしたので、半分以下になっています。ただ心濁音はしっかりしているようです。

体重が4.3キロしかないので、狂犬病の注射は見送りました。

 
20180512-2.jpg 

 そらは2週間おきに病院へ通っていて、心臓の雑音の変化は今のところありません。目玉にできた傷がまだ治りません。

毎日2回目薬をさしていますが、今のところ治る気配がありません。

今年は温度変化が激しいせいか、または別の理由なのか、毛の抜けが激しいです。

いつもなら小梅の抜け毛が激しいころですが、小梅はほとんど抜けず新陳代謝が弱っているのでしょうか。

その代りにそらの抜け毛が目立つというわけではなく、今までになく抜けています。

そらは部分的にお尻の片が生え変わることがあっても、全身というのは初めてかもしれません。

柴犬とかゴールデンとか換毛の種の血も混ざっているということなのでしょうか。

 
20180512-1.jpg 



テーマ : ○ ワンコ時々ニャンコ ○ - ジャンル : ペット

08:40  |  そら・小梅  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.03.08 (Thu)

体重減

小梅の体重が減っています。
食欲もあって、食べる量も変わってないのに、体重が減っていると言うことは、どういうわけでしょうか。
前に比べると、寝ている時間より、起きている時間のほうが長く、その分カロリーを消費しているともいえます。

毎年モコモコまん丸になる小梅ですが、今年はモコモコになっていません。
体重が減ったせいなのでしょうか。
背中をさわると可哀想なくらい、骨の感触が伝わってきます。

3/6の火曜日は、2週間に一度そらの病院通いの日です。
小梅も一緒に連れて行って、診てもらいました。
まずは、そらから、心音を診て、皮膚を診て、それから目を診てもらいました。
目薬は1日二回指していましたが、合わなかったようで目薬を指したあと、擦って少し経過がよくありませんでした。
防腐剤が入っているかいないかの差なのか、最初に指していた目薬に変えました。

そして、小梅ですが、まずは現状を話して、痴呆の症状と判断したようです。
痴呆に効く薬を1週間試しに飲ませて、状況を連絡することになりました。
効く子は、今までのことが嘘のように効くようです。
それから、おしっこに時々膿のようなものがでると伝えました。
紙オムツが最近欠かせなくなったこともあり、膀胱か子宮内にうんpのバイ菌が入ってしまった可能性があるので、抗生物質を出してもらいました。
そういえば、確かに心当たりが、日中オムツを交換換できないので、仕事から帰ってきてから換えるわけですが、おしっことうんpが混ざりあっています。
それが原因ということでしょうか。

あと最近、目が見えてないような気がしていたので確認してもらいました。
綿棒を目に近付けていっても、全く反応がなく、どのくらい見えているかは、本人しか分からないが、ほとんど見えてないだろうと。

確実に老化が進んでいる、小梅です。
小梅ばかり構っているせいで、そらの焼きもちが増しています。
昼間一緒に居られない分、夜となりますが、小梅に7、そらに3といった感じでしょうか。
夜中も小梅の夜泣きのせいで、熟睡できていません。
その都度小梅を起こして、ぐるぐると廻らせてと言ったことを繰り返すので、その内そらが起きて触って触ってと、おねだりしてきます。
そして、小梅もまた眠りについて、これでまた少し眠ろうとすると、今度はそらの吠えが始まります。

あ~( ̄▽ ̄;)寝かせてくれ~!と心の叫びが・・・


12:28  |  わんにゃん  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.02.19 (Mon)

後ろ足②

小梅の後ろ足、だぃぶヤバイ😵💦です。
日曜日は、日中も一緒に居られるので、部屋に居るときは、その都度鳴くごとに起こしてやりました。
そのかいもあってあまり鳴くこともなく、過ごせます。
ただ、夜が大変です。
11時過ぎに寝ても、小梅が起き上がれず最初は子猫のような、か細い声で鳴き、そのうちトーンが上がってきて、布団の中にいられず、布団から出るしかなくなります。
何度も何度も繰り返しなので、諦めて小梅が寝るまで付き合うというふうに、パターン化しつつあります。
時計を見るとam1時過ぎだったり、3時過ぎだったりで、毎日寝不足です。

いよいよ本格的に介護が必要になりつつ、って、もうとっくになっていますね。

ただ、立ち上がろうとする意志があるうちは、ガンバって立たせてやろうと思っています。

そしてそらですが、またどこかで目をつついてしまった見たいです。
目薬を1日4回指すように言われましたが、3回で手を打ちました。
暗くしてライトを目に当てると眼球の端のほうに白く見える部分をがありました。
1日3回目薬を指して、だいぶ白い部分が滑らかになってきました。
今まで1回使い捨ての目薬から、一般的に目医者で出される目薬と同じ容器で1日2回、使いきるまで指すようになりました。



15:08  |  わんにゃん  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.02.19 (Mon)

サボり中

年も明けて、このブログも今年で13年目、もう2月も半ば過ぎ、だいぶサボっています。
そらも今年で13歳、あっという間です。
小梅は、はてさて何歳だろう?保護してから、はや11年がたちました。
保護したとき推定7歳と判断して11年加算すると、18歳になります。
本当はもっと若かったのか、何て思ったりもしますが、いずれにしても確実に足腰が弱くなっています。
昨年から右の後ろ足に力が入らず、左の後ろ足で支えていましたが、今年になってから、左も力が入りずらくなっています。
辛うじてふらつきながらも、日中は廊下に出て日なたぼっこをしています。
しかしずっと寝ていると、人間もですが急に起き上がろうとしても、なかなか起き上がれないもので、小梅は両足が弱くなってしまいほぼ立ち上がれません。
すると小梅の叫びが始まります。
最初聞いた時は、猫さんが鳴いているのかと思ったほど、猫っぽい鳴き声でした。
それが長い時間続きます。
人がいる時は、起こして上げればなきやみます。それが夜、夜中に鳴かれてしまうと最悪です。
その都度起こしてあげ、ふらつきながら歩く小梅、すぐに倒れてまた起こしての繰り返し、そして寝たかなぁと思って、布団に潜ってうとうとと寝ると、再び小梅の叫びが、夜中なので響きます。
無視していると、声が大きくなって寝てられなくなります。
と、言うわけでここ2週間あまり寝不足の日々が続いています。

10:23  |  わんにゃん  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.11.30 (Thu)

後ろ足

小梅の老化が進んでいます。
一番顕著に現れているのが耳です。
今はほとんど聞こえていない感じです。
耳もとで後ろから呼んでも、振り向きもしないし、耳も動きません。

次に右の後ろ足、だぃぶ筋力が落ちています。
数ヶ月前まではふらつきなからも、自分で歩いていました。
しかし、今は歩いても数歩で倒れてしまいます。
これはマズイと思い、腰の当たりを持ち上げてやれば幾らか歩けるかな?と思いました。
そして、まずはバスタオルを腹に巻き付けてみました。
いい感じに歩いてくれました。
ただそれだと、持つ部分が広すぎて不便でした。
腰を持ち上げて上げれば、歩けることがわかったので、すぐにネット検索して、犬猫の介護用品で後ろ足が弱った子に、補助するための用具を見つけて、すぐに注文しました。
届くまでの間、コルセットに紐をつけて持ち上げて歩かせました。

届いたらすぐに試しにつけてみたら、紐の部分が少し短くて少しだけ前屈みになる感じでした。
マジックテープで外せる紐をホームセンターで買って来て、付けたしました。
が、今度は長すぎて持ちずらくなってしまったので、長さを調整しました。

歩いた距離が少しでも長いと、ご飯が進む見たいです。




12:44  |  こうめ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.10.22 (Sun)

雨の朝

台風が接近している影響で朝から雨降り、傘をさして小梅の散歩。
リードを長くしなければ、余裕で傘の中に入る小梅です。
そらだとちょっと厳しいです。

右の後ろ足が、日に日に脚力が落ちてきています。
小梅の調子に合わせて、歩けるときは比較的長めに歩かせてはいますが、帰るころにはふらつき度がMAXになり、倒れこみ立たせて倒れこみの繰り返しになります。

まだ、歩けるうちは頑張って歩かせてやります。

20171022-1.jpg




20171022-2.jpg









11:35  |  そら・小梅  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.09.10 (Sun)

神社猫さんたち

今日は、ハーレーで久々に神社猫さんに会いに行きました。

すぐに猫さんたちに会えました。
以前来たときは、猫ハウスはなかったように記憶していますが・・・
そして、招き猫とその上に賽銭箱型の寄付入れがありました。
少しですが、寄付をしました。
里親も募集しているようです。
今はそらと小梅が日に日に老いてきているので、今はちょっと無理ですがいずれはと思っています。



最近のマイブーム? ライブ配信で見る猫さんたち、直接触れることができないのはちょっと寂しいですが、猫さんを見られるだけでも癒されます。

テーマ : ○ ワンコ時々ニャンコ ○ - ジャンル : ペット

22:50  |  わんにゃん  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.08.30 (Wed)

小梅の下の。。。

老犬の嵯峨、後ろ足が徐々に弱くなること。
小梅もだいぶ弱くなりました。
いっとき、立ち上がるのに、特に朝起きて立ち上がるのが、超大変でした。
神経痛?たぶん、先生もそんな感じだろうと言っていました。
激痛が神経を走り、悲鳴にも似た鳴き声をしていました。
今はサプリを飲み始めて、立ち上がるのはフラツキますが、悲鳴にも似た鳴き声はなくなりました。

20170830-1.jpg 
ただし、歩くのはかなりフラツイています。
右足が、特に弱く、内側に入り込んでいます。
今後、左足が弱って歩くのも難しくなったら、ヤバイと思います。
それまではできる限り、歩かせようと思います。
 
あと、今一番の問題が、下の具合も弱くなっています。
うんちをいつしたか、自分でもわかっていないようです。
そのままの状態で寝ていることがあります。
超困るのが、会社に行っている間に、うんちをしてそのウンチを踏みつけて歩いていること。
スマカメで休み時間ごとに、見ていると床に”物体”が落ちていて、そのままの状態でずっとあれば、まだいいけど、それを踏んで歩いて・・・。
家に帰ったら、速攻で掃除タイムになります。
 
そろそろオシメの出番かと思う、今日この頃です。


追記
8/31 今朝、小梅にはオシメと言う、代物がおしりに装着されました。


22:42  |  こうめ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT