05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2018.05.30 (Wed)

うるさい

小梅の叫びが凄い(*´・ω・`)bです。
今朝は3時に起こされ、6時まで鳴きっぱなしでした。
約3時間、ひたすら起き上がらせて、歩かせて、そのまま寝るのを待ちました。
しかし、小梅は一向に鳴き止まず、大変です。


2018060110070719b.jpg


そらは常に小梅と一緒にいるので、相当ストレスがたまっているのではないかと思います。
でも今まで小梅が、ななこに変わってストーカーしていたので、それが出来なくなって、今はそらがストーカーしています。🍀😌🍀
スポンサーサイト
12:47  |  わんにゃん  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.03.08 (Thu)

体重減

小梅の体重が減っています。
食欲もあって、食べる量も変わってないのに、体重が減っていると言うことは、どういうわけでしょうか。
前に比べると、寝ている時間より、起きている時間のほうが長く、その分カロリーを消費しているともいえます。

毎年モコモコまん丸になる小梅ですが、今年はモコモコになっていません。
体重が減ったせいなのでしょうか。
背中をさわると可哀想なくらい、骨の感触が伝わってきます。

3/6の火曜日は、2週間に一度そらの病院通いの日です。
小梅も一緒に連れて行って、診てもらいました。
まずは、そらから、心音を診て、皮膚を診て、それから目を診てもらいました。
目薬は1日二回指していましたが、合わなかったようで目薬を指したあと、擦って少し経過がよくありませんでした。
防腐剤が入っているかいないかの差なのか、最初に指していた目薬に変えました。

そして、小梅ですが、まずは現状を話して、痴呆の症状と判断したようです。
痴呆に効く薬を1週間試しに飲ませて、状況を連絡することになりました。
効く子は、今までのことが嘘のように効くようです。
それから、おしっこに時々膿のようなものがでると伝えました。
紙オムツが最近欠かせなくなったこともあり、膀胱か子宮内にうんpのバイ菌が入ってしまった可能性があるので、抗生物質を出してもらいました。
そういえば、確かに心当たりが、日中オムツを交換換できないので、仕事から帰ってきてから換えるわけですが、おしっことうんpが混ざりあっています。
それが原因ということでしょうか。

あと最近、目が見えてないような気がしていたので確認してもらいました。
綿棒を目に近付けていっても、全く反応がなく、どのくらい見えているかは、本人しか分からないが、ほとんど見えてないだろうと。

確実に老化が進んでいる、小梅です。
小梅ばかり構っているせいで、そらの焼きもちが増しています。
昼間一緒に居られない分、夜となりますが、小梅に7、そらに3といった感じでしょうか。
夜中も小梅の夜泣きのせいで、熟睡できていません。
その都度小梅を起こして、ぐるぐると廻らせてと言ったことを繰り返すので、その内そらが起きて触って触ってと、おねだりしてきます。
そして、小梅もまた眠りについて、これでまた少し眠ろうとすると、今度はそらの吠えが始まります。

あ~( ̄▽ ̄;)寝かせてくれ~!と心の叫びが・・・


12:28  |  わんにゃん  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.02.19 (Mon)

後ろ足②

小梅の後ろ足、だぃぶヤバイ😵💦です。
日曜日は、日中も一緒に居られるので、部屋に居るときは、その都度鳴くごとに起こしてやりました。
そのかいもあってあまり鳴くこともなく、過ごせます。
ただ、夜が大変です。
11時過ぎに寝ても、小梅が起き上がれず最初は子猫のような、か細い声で鳴き、そのうちトーンが上がってきて、布団の中にいられず、布団から出るしかなくなります。
何度も何度も繰り返しなので、諦めて小梅が寝るまで付き合うというふうに、パターン化しつつあります。
時計を見るとam1時過ぎだったり、3時過ぎだったりで、毎日寝不足です。

いよいよ本格的に介護が必要になりつつ、って、もうとっくになっていますね。

ただ、立ち上がろうとする意志があるうちは、ガンバって立たせてやろうと思っています。

そしてそらですが、またどこかで目をつついてしまった見たいです。
目薬を1日4回指すように言われましたが、3回で手を打ちました。
暗くしてライトを目に当てると眼球の端のほうに白く見える部分をがありました。
1日3回目薬を指して、だいぶ白い部分が滑らかになってきました。
今まで1回使い捨ての目薬から、一般的に目医者で出される目薬と同じ容器で1日2回、使いきるまで指すようになりました。



15:08  |  わんにゃん  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.02.19 (Mon)

サボり中

年も明けて、このブログも今年で13年目、もう2月も半ば過ぎ、だいぶサボっています。
そらも今年で13歳、あっという間です。
小梅は、はてさて何歳だろう?保護してから、はや11年がたちました。
保護したとき推定7歳と判断して11年加算すると、18歳になります。
本当はもっと若かったのか、何て思ったりもしますが、いずれにしても確実に足腰が弱くなっています。
昨年から右の後ろ足に力が入らず、左の後ろ足で支えていましたが、今年になってから、左も力が入りずらくなっています。
辛うじてふらつきながらも、日中は廊下に出て日なたぼっこをしています。
しかしずっと寝ていると、人間もですが急に起き上がろうとしても、なかなか起き上がれないもので、小梅は両足が弱くなってしまいほぼ立ち上がれません。
すると小梅の叫びが始まります。
最初聞いた時は、猫さんが鳴いているのかと思ったほど、猫っぽい鳴き声でした。
それが長い時間続きます。
人がいる時は、起こして上げればなきやみます。それが夜、夜中に鳴かれてしまうと最悪です。
その都度起こしてあげ、ふらつきながら歩く小梅、すぐに倒れてまた起こしての繰り返し、そして寝たかなぁと思って、布団に潜ってうとうとと寝ると、再び小梅の叫びが、夜中なので響きます。
無視していると、声が大きくなって寝てられなくなります。
と、言うわけでここ2週間あまり寝不足の日々が続いています。

10:23  |  わんにゃん  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.09.10 (Sun)

神社猫さんたち

今日は、ハーレーで久々に神社猫さんに会いに行きました。

すぐに猫さんたちに会えました。
以前来たときは、猫ハウスはなかったように記憶していますが・・・
そして、招き猫とその上に賽銭箱型の寄付入れがありました。
少しですが、寄付をしました。
里親も募集しているようです。
今はそらと小梅が日に日に老いてきているので、今はちょっと無理ですがいずれはと思っています。



最近のマイブーム? ライブ配信で見る猫さんたち、直接触れることができないのはちょっと寂しいですが、猫さんを見られるだけでも癒されます。

テーマ : ○ ワンコ時々ニャンコ ○ - ジャンル : ペット

22:50  |  わんにゃん  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.08.06 (Sun)

ニャンコと遭遇

昨日の夕方の散歩。
まずは、そらと散歩。
散歩コースは決まっていないので、その日の気分で歩く場所を変えています。
昨日は国道沿いを歩くコースにしてみました。
 
国道から路地に入って帰ろうとしたら、路地の角にいた猫さんに遭遇。
出合頭だったので猫さんも逃げるタイミングを失ったみたいで臨戦態勢で威嚇してます。
そらは威嚇されて少し逃げ腰です。
 
このあと脇の家から人が出てきて、猫さんは一目散に国道を渡って走り去りました。
車が走っていないときでよかったです。

20170806-1.jpg

20170806-2.jpg 

20170806-3.jpg 

20170806-4.jpg 

20170806-5.jpg 


20170806-6.jpg 







テーマ : ○ ワンコ時々ニャンコ ○ - ジャンル : ペット

08:43  |  わんにゃん  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.07.23 (Sun)

そらと猫

そらと散歩中に見つけた猫さん。
小学校のプールの脇の草むらからフェンスの隙間を
すり抜けて行きました。
そらは一生懸命草を食べていました。

テーマ : ○ ワンコ時々ニャンコ ○ - ジャンル : ペット

00:35  |  わんにゃん  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.02.16 (Thu)

歩くのは・・・

2/11(土)晴れ
久々にそらと小梅を連れて少し遠出をして来ました。
と言っても、バイク用品と釣り用品を見に行くついでに、散歩させられたらと思って連れて来ました。

最初にバイク用品の店に行き、そのあと近くの道の駅に寄りました。
ここはすぐ隣が高速ICの出入口があり、その敷地内にあるトイレ休憩できる場所です。

20170215-1.jpg



 20170215-2.jpg


20170215-3.jpg 


20170215-4.jpg 


20170215-5.jpg 


そこから釣り用品の店まで行き、結局バイク、釣り用品は買わずに帰って来ました。

帰りは、ミューズパークに寄りました。
車を止めたら右翼団体?の車が5~6台駐車場にやって来ました。
国旗🎌を車の横にいくつも付けていていかにもって感じの車でした。

車から降りて散歩させようと歩き始めたら、小梅が歩くのを嫌がったので車に小梅を残してそらと歩きました。



20170215-6.jpg 


20170215-7.gif 


20170215-8.jpg 


小梅の老化がまた進んでいる気がします。
長い距離は嫌がるようになり、家の階段も上の残り2、3段を登りきれず後ろから補助してやることが最近増えました。
小梅の実年齢がわからないので、はっきりしませんが確実に老いはきています。


07:18  |  わんにゃん  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.02.07 (Tue)

猫さんに会いたくて

2/4(土) 快晴 
 
前々から天気予報をチェックしていて土曜日は晴れ、翌日曜日は午後雨の予報でした。
これは土曜日に行くしかないと決め、バイクで(いつものパターン?)猫さんに会いに行くことにしました。
場所は千葉県にある公園、秩父から千葉に行くには下道では4時間以上かかってしまいます。
なので高速を使ってになりますが、それでも3時間くらいの見込み(ヤフーの地図で時間確認)です。
渋滞があればそれ以上です。
 
朝、さすがに寒いので7時過ぎまでのんびりと朝食と着替えをして、バイクにETCカードをセットして、ここでとんでもない間違いをしてしまいました。
昨年の11月末にバイクにもETCをつけたのですが、使い慣れていなくてカードの差し込む向きを逆にしてしまいICチップの部分を傷つけてしまってETCがカードを読み取れなくてずっと赤ランプが着きっぱなしです。
何度も入れ替えても緑ランプが一瞬は着きますが、すぐに赤ランプになってしまい、ETCが動作してくれませんでした。
 
さすがにETCが使えないと特に今の時期は寒いのでいちいち手袋を取ってお金を払うのも大変なので、急遽場所を変更して埼玉県で1時間半弱で行ける公園に行きその後神社へ行くルートで猫さんに会いに行くことにしました。
 
いざ出発、この日は寒さも意外と和らいで気持ちよく走れました。
ただ手袋は走っているとだんだんと冷えてきて手が冷たくなってきました。
目的の公園に、この前は行き過ぎて結局たどり着けず寄れずに帰ってきましたが、今回もあぶなく行きつけなくなる所でした。
今回は手前で曲がってしまい余計に走ってしまいましたが、何とか着くことができました。
 
しかし、、、、猫さんを探して公園を一回りしましたが、1匹も見つけることができませんでした。
 
仕方ないので神社へ移動しました。
神社へは30分くらいで行けるのでわりと近い場所にあります。
 
神社に行く前にセブンでお昼を買って、神社へ着くと車が1台、サイドカーが1台停まっていました。
トイレに寄ってから猫さんを見つけたらすぐにいました。
写真を撮ってまた神社の裏へ行ってお昼を食べました。
 
その後猫さんに囲まれ癒されてきました。




 
 
 

テーマ : ○ ワンコ時々ニャンコ ○ - ジャンル : ペット

21:07  |  わんにゃん  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.01.23 (Mon)

小梅の災難

1/22の朝、そらと小梅のトイレを済ませていつも通り、階段の上で足を拭いて、階段のテスリにかけておいたリードをとり首輪を外した瞬間、小梅が階段から落ちました。
一瞬何が起きたのかわからないまま、足は階段を降りて小梅のもとへ向かっていました。

骨折はしていないか、意識はしっかりしているか、吐いたりしていないか、等々確認しましたが!幸いなことに鼻と口の間を少し擦りむいたくらいですみました。
その後も変化はないか確認していましたが、普通に歩いて普通にご飯も食べていたので大丈夫だと思います。

多分、そらだったら骨折くらいはしたと思います。
小梅は冬毛で覆われている分、毛に保護されたようです。
気をつけなければ、、、、

それから、最近の小梅はだいぶ痴呆が進んできたのか、或いは目が見えずらくなっているのか、散歩から帰ってくる時、今までは迷わず家に入る通りに入っていたのに、家に入る通りがわからないのかぜんぜん違う通りに入って行こうとすることがよくある。
ただ、帰る時は今までちんたらと歩いていたのが嘘のように、足早になり、リードをグイグイと引っ張る。
こんな小梅の今一番気掛かりになっているのが、食事の量が少しずつ減ってきていること。

ななこの時のことを思いだしてしまいます。
ななこも2月頃から少しずつ食べる量が減ってきて、結局食べなくなってしまいました。
小梅もまだ今の所は食べているので、できるだけ食べられるように工夫して食べさせようと思います。
小梅の食べ残しをそらが狙っているので、逆にそらには食べすぎないように注意しています。


12:47  |  わんにゃん  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT