04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2008.06.15 (Sun)

家に来た日

     どうしてそらちゃんに決めたのか?
     それは何回も行っていると何となくですが
     飼うとしたらこの子かなっていうのがありました。

     特に引っ越ししてから数回行って帰り際、そらちゃんは
     いつまでも後を着いてきていました。
     そんな思いが伝わったというか・・・
     あとそらちゃんの毛質で選んだのも1つの理由です。
     すごく手触りが柔らかくてななちゃんのような
     触り心地だったんです。

     本当は2人一緒に連れて帰れれば良かったんですが・・・
     今、小梅ちゃんが縁あって一緒ですがこのとき
     2人を連れ帰っていたら小梅ちゃんも入れて3人って
     こともあったのかもしれません。
     これも縁というか運命なんですね。

     k7-1.jpg

     そらちゃんを抱っこして後ろを振り向かず車へ
     向かいました。
     1人残していくどこか心痛さがありました。

     k7-2.jpg

     車に乗ってそらちゃんの初ドライブです。
     落ち着かず動き出し運転席のほうへきてしばらく
     このままの状態で運転していました。

     そのうち車酔いをしてしまい吐いてしまいました。
     車を止めてゲロっぴーを片付けて少し休んで
     再び走り出しました。
     再度吐いてしまい家に着きました。

     k7-3.jpg

     そらちゃんとななちゃんの初対面。
     ななちゃんが見慣れない物体がいると不思議そうに
     見ていました。
     ななちゃんのほうが当たり前ですが大きかったのは
     言うまでもありません。

     k7-4.jpg

     ななちゃんが使っていたベッドをそらちゃんのベッドに
     しました。
     このベッドは今もそらちゃんのお気に入りのベッドです。

     こうしてそらちゃんは7月12日に家にやってきました。
     そして6月9日にそら母と出会ってから1ヶ月の出来事
     すごく長いようで短かった1ヶ月が過ぎました。

     k7-5.jpg


     そらちゃんが家に来てからは残った子犬のことが
     気になっていましたがなかなか行けませんでした。
     そして2週間後久しぶりに行ってみるとそこに
     子犬はいなくて誰か連れて行ってくれたみたいです。
     一番気がかりなのはそら母のことですが
     確かめるすべもないので幸せになっていることを
     祈るしかありません。

     いつかそらちゃん兄弟姉妹にあえる日があれば
     いいんですが無理かな・・・

     1ヶ月間があっという間でした。
     その間毎週土日は必ず通いまた平日も会社が終わってから
     行ける時は何回も通いました。
     今思えばそらちゃんファミリーを家に連れてきて
     里親さんを探せばよかったと思います。
     そうすればそら母や兄弟姉妹とも再び会う機会が
     できたんですよね・・・
スポンサーサイト

テーマ : ○ ワンコ時々ニャンコ ○ - ジャンル : ペット

12:32  |  随想  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2008.06.15 (Sun)

里親さんが・・

     引っ越ししてから数日後行ってみると
     3人寄りそって・・・え、3人?
     やはり白ソックスの子犬が最初に里親さんが
     見つかったようです。
     ほんと、良かった~と実感です。
     
     ドラム缶の中もダンボールが置かれて
     いくらか快適になっていました

     k6-1.jpg

     まず最初に黒い子犬が気づきました。
     手前で寝ているのがそらちゃん。
     3人が起きて足元でじゃれ合い始めました。
     上から見るとそらちゃんもシッポの先が
     白いんですね。・・・今白い所は無いんです。

     k6-2.jpg



     それからさらに数日後今度は黒い子犬がいません
     でした。
     この時期釣りに来る人が比較的ここは多くて
     平日でも5~6台止まっていることがあります。
     みんな親切な人が多くて新しいフードも置いて
     ありました。

     k6-3.jpg

     2人になってちょっと寂しそうですがよく似ている
     2人です。
     
     ちょっと離れると後を追いかけてくる2人。
     そらちゃんの方がちょっとだけ小さいです。
     
     k6-4.jpg

     そしてこの頃になるとどちらかを飼いたいという
     思いが強くなりました。

                                                    ・・・つづく

テーマ : ○ ワンコ時々ニャンコ ○ - ジャンル : ペット

10:49  |  随想  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.06.15 (Sun)

そら母はどこへ、そして引っ越し

     いつものように駐車スペースに車を止めましたが、
     そら母の姿はありませんでした。
     また、橋のところにいるのかなと思い行ってみました。
     でもいたのはそらちゃん達だけでした。

     いったいどこへ・・・
     ついいろいろ考えてしまいました。
     もしかしてここ数日雨が降っていたので増水した
     川の水を飲もうとして流されてしまったのか、
     もしかして保健所に連絡がいって連れて行かれて
     しまったのか、
     もしかしてもう乳離れして大丈夫と思って
     帰巣本能が目覚めてしまったのか、
     もしかしてそらちゃんたちがいるのを知らず
     ここへ来た人が可哀相に思って連れて帰ったのか。

     それでも最後の連れ帰ったのかで
     あってほしいと願いました。

     k5-1.jpg

     そらちゃん達はそら母がいなくても寂しくないのか
     4人仲良く動き回っていました。
     そらちゃんと黒ちゃんは仲良く遊んでいました。

     ふと思いました、このまま人目につかない場所に
     いるよりはもっと人目につく橋の向こうに連れて
     行ったほうがいいんじゃないかなと。

     k5-2.jpg

     そして、引越しをすることにしました。
     少しでも早く里親が見つかることを祈って。

     k5-3.jpg

     まずドラム缶を橋の手前に移動しました。
     あいにく雨の中の引越しになってしまいました。
     そして二人づつ連れてきました。
     黒茶の濃いシッポの子だけは鳴いていました。

     k5-4.jpg

     引越し先は車止めのすぐそばで、ここなら
     きっと誰か連れて帰ってくれると信じました。

                                                ・・・つづく

テーマ : ○ ワンコ時々ニャンコ ○ - ジャンル : ペット

09:57  |  随想  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.06.14 (Sat)

元気いっぱい

     駐車スペースでそら母は待っていました。
     車を見つけ後を追いかけてきてくれるくらいになりました。

     k4-1.jpg

     そらちゃんたちも相変わらずくっつきあって固まってはいるものの
     もう元気に動き回っているので顔を覗かせると少し警戒はするものの
     近くへやってきてくれます。

     でも、黒い子犬以外はそっくりで最初はどの子がそらちゃん?
     ぜんぜん区別がつきませんでした。
     それでもそれぞれ特徴はあってまず前回書いた白ソックスを履いた
     子犬はシッポの先も白くてちょっとビーグルっぽい感じでした。
     そらちゃんは鼻周りが黒くて背中からシッポの先にかけて黒茶色で
     もう一人の子もよく似ていてシッポの黒茶色がそらちゃんよりも
     さらに濃かったのでした。

     k4-2.jpg

     またフードを買って来てそら母へプレゼント!いっぱい食べて
     子育てガンバレ!!と応援しました。  

     k4-3.jpg

     黒い子犬がお乳を吸おうとしたら突然吠えたのでビックリしました。
     もうこの頃になると乳歯もだいぶ生え揃ってきているようで
     痛かったのかな?

     k4-4.jpg

     そしてそらちゃんと黒い子犬はフードをガリガリ。
     「まだ早いわよ!」それとも「・・・」母に怒られている?
     見たいでした。

     k4-5.jpg

     この日そらちゃんたちはドラム缶の外へ出たり入ったりしながら
     段々と行動範囲が広くなってきているようでした。
     
     でもこれがそら母とあった最後になってしまいました。

     k4-6.jpg


                                             ・・・つづく     

テーマ : ○ ワンコ時々ニャンコ ○ - ジャンル : ペット

08:57  |  随想  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.06.12 (Thu)

あっという間に

     気にはなっても毎日は会いに行けず・・・往復2時間弱の道のりは
     ちょっと遠いですよね。

     k3-1.jpg

     それでもたびたび会いに行っていました。
     時にはホームセンターでドッグフードを買って持って行き。
     時には持っていたパンをあげたり。

     他の釣り人もいろいろ食べ物を分けてあげていたので
     そら母は最初に会った時より少しだけ肉がついた?ような気がします。

     k3-2.jpg

     そらちゃん達も日に日に大きくなって元気に動き回るようにように
     なってきていました。
     特に白ソックスを履いた子が一番人懐こくて好奇心が旺盛で
     一番可愛い子だったと思います。

     k3-3.jpg

     そしてそらちゃんはというと・・・
     どうも一番小さくて耳とか鼻まわりとか黒くて一番ブサイク?(笑)だった
     かも?しれません。

     そして・・・

     k3-4.jpg

     とても貴重なショットです。
     暗くてわかりずらいので明るく加工したら画像が悪くなってしまって・・・
     ガリガリに痩せていながらもお乳を与えている姿を見たときは
     思わず胸が締め付けられる気分でした。

                                          ・・・つづく

テーマ : ○ ワンコ時々ニャンコ ○ - ジャンル : ペット

20:55  |  随想  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2008.06.10 (Tue)

そらちゃん達との出会い

     そらちゃんの母に出会ってから毎日気になってしかたありません。

     再び釣り&母犬に会うために出かけました。
     駐車スペースにそら母はいません。
     この前出会った橋の付近を捜すといました。
     この日は食パンを買って来ていたので食べさせました。     

     k2-2.jpg

     食パンを食べさせていると近くで鳴き声が聞こえてきました。
     どこからだろう?と、周りを見るとドラム缶がありました。
     その中を覗くと4匹の子犬がいました。

     そらちゃんとの最初の出会いでした。
     2005年6月14日AM5:50頃のことです。

     k2-3.jpg

     そらちゃん達は4匹が固まって寝ていました。
     そらちゃんと同じ毛色の子犬は皆女の子で黒い子が男の子でした。
     まだ目がよく見えていないようでした。
     さて、そらちゃんはどの子でしょう?

     そら母はここでこの子達を産み育てていたのを初めて知り
     感動そして切なく思いました。
     釣りか山菜取りくらいしか人が来ないような場所で
     食べ物も草木くらいしかない場所でけな気に子育てをしていたんです。

     k2-4.jpg

     それでもそら母は人懐っこくて誰にでも近づいていき
     食べ物を貰って食べていました。
     もし警戒心が強くて人が来ると逃げたりしてしまう子だったら
     と思うと・・・

     せっかくだから魚を釣って食べさせようと沢へ降りると
     そら母も後を着いてきて側で見ていました。
     ときどきどこかへ行きまた戻ってきて、そんな姿を見ていたら
     徐々に何とかしてあげたい~!と言う思いが強くなってきました。

     このまま連れて帰ろうか。
     でも・・・
     そらちゃん達を見つけなかったらもしかしたら連れて帰っていた、
     かも・・・。

                                     ・・・つづく

テーマ : ○ ワンコ時々ニャンコ ○ - ジャンル : ペット

22:15  |  随想  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.06.08 (Sun)

そらちゃんの母

     そらちゃんが家にきてもうすぐ3年になる。
        ふと、あの頃のことを再び書いてみたくなった。


     k1-1.jpg

     あの日は、朝早起きをして釣りに出かけた。
     目的の場所へ着くと後ろから着いてきた車も同じ場所に止まり
     その場所を譲り少し奥へ行った。
     車止めの場所まで行き更に歩いて奥へ行き釣りを楽しんだ。

     そして夕方5時過ぎ歩いて戻ってくると、橋の手前で犬が吠えて
     やってきた。
     超ビックリして襲いかかってくるのかと思い持っていた木の棒で
     身構えたがそんな心配はすぐに消えた。

     k1-2.jpg

     体は大きいがやさしそうな目をしたワンコだった。
     橋を渡るとすまなそうな素振りで後を着いてきた。
     
     それがそら母との最初の出会いでした。
     2005年6月9日17:48頃の出来事でした。

     k1-3.jpg

     そらちゃんはやはり母譲りだなと思えるくらい母も人懐こいワンコでした。
     捨てられてしまったのか、迷子なのか、たぶん前者だと思いますが。
     側で見ると肋骨が浮き上がって見えるくらいガリガリでした。

     k1-4.jpg

     この後もずっと距離をとって車まで着いてきました。
     ちょうど帰りに食べようと思って持っていたあんぱんを持っていたので
     当然食べさせました。
     でもこれくらいじゃぜんぜん足りないことは分かっていました。
     
     このとき何年ぶりかで犬を飼いたい気持ちが甦ってきました。
     でもそのときは漠然としていて、でもこのままほっておけないと
     思ったことは確かです。
     そしてしばらくの間できるだけここへ来て見守ってやろうと思い
     この場所を後にしたのでした。

     犬種がよく分かりませんがラブと甲斐犬のミックス?毛色から・・
     家に帰ってインターネットで犬種を検索してもそれらしい犬種が見つからず
     それでも似ているかなと思える犬種がプロットハウンドかなと・・
     でも後々よ~くみると耳の垂れ方がちょっと違うような・・・。
     ハウンド系の耳は長く垂れている犬種が多く、例えばビーグルとか
     でもよく見るとラブラドールのような感じの耳なんです。

     それを考えるとおそらく猟犬はいろんな猟犬をかけ合わせて猟に最適な
     犬種を作るらしいのでミックスなのは間違いないと思いますが
     それ以外は不明と言うことにしました。

     次回へ
      

テーマ : ○ ワンコ時々ニャンコ ○ - ジャンル : ペット

08:30  |  随想  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)
 | HOME |