07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2008.07.31 (Thu)

西側の散歩コース。

       大きいわんこがいる散歩コースが東側、そして
       トラウマになりかけたわんこがいる散歩コースが西側。

       いつも家の前を通るとわんわん吠えられて・・・でも今日は

   080731-1.jpg
   080731-2.jpg
   080731-3.jpg
       いつも自分のハウスには入らず家の中にいます。
       いつもはそらちゃん達が家の前を通ると飛び出してきて
       ものすごい勢いで飛び上がって吠えるのに
       今日は出てきて普通に吠えて見ていたかと思ったら
       家の中に入ってしまいました。


       つづいて
       少し離れたところでこちらのわんこは・・・

   080731-4.jpg
   080731-5.jpg
       いつも吠えるんですがちょっと気が弱そうでいつも
       シッポが下がっているわんこです。
       昨日めずらしく近くに寄ってきて始めてナデナデできたので
       今日もできるかなぁと思っていたら寄ってきました。
       でもすぐに離れて少ししたらまたよってきたので
       ナデナデできました。
       ちょっと狸顔?かなぁ・・・


       昼間走り回れないから散歩に出るとうれしくてついつい
       早足になってしまうというかお腹に溜まっているものを
       早く出したい二人です。

   080731-6.jpg


       線路を渡るときは

   080731-7.jpg
   080731-8.jpg
   080731-9.jpg
       遮断機のない線路を渡るときはちゃんと左見て右見て
       もう一度、と思ったら電車がやってきました。・・・ちょっとやらせです。
       電車の音が聞こえたので電車が通り過ぎるのを待って渡りました。


       もう、8月ですね、これから暑い日が続くようですね。

       ところで・・

【More・・・】



   080731-10.jpg

       会社の事務所の軒下にツバメが巣を作って子育てを
       しているんですが、先週巣から落ちた子ツバメがいました。
       可哀相に思って巣に戻してやりました。

       人間が手を貸すと親が子育てを放棄するんじゃないか?
       って話していました。

       昨日また巣から落ちていました。
       そして今日もずっと落ちたままでした。
       でも親がちゃんとえさを運んでくる光景を見れてまずは
       一安心でした。

       兄弟達はもう巣立ちをしたようです。
       落ちた子も羽を広げたりしているのでまもなく羽ばたける
       ような気がします。

       でもちょっと心配なのが猫さんです。
       ときどき猫さんをみかけることがあるのでそれだけが心配です。
       
       
スポンサーサイト

テーマ : ○ ワンコ時々ニャンコ ○ - ジャンル : ペット

20:16  |  わんにゃん  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

杏ママさんへ

ははあぁぁ・・・、六ちゃんがいたらお持ち帰り間違いなしですね(笑)
今日もまだ飛び立てずに無事でいました。
親ツバメと兄妹たちが電線の上で一緒に飛ぶのを待っているようです。
来週は飛べるようになるかも・・・。
渓雲 |  2008.08.02(土) 18:55 | URL |  【編集】

あぶないあぶない

子ツバメさん、あぶないあぶない!
六太君が狙ってますよ~(笑い)。
巣から落ちた子を戻しても、人間の匂いがついちゃうから、親は育てないとかよく聞きますよね。
でも、えさをあげてるようですね。
早く飛べるようになるといいですよね。
杏ママ |  2008.08.02(土) 09:43 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://keiwn.blog46.fc2.com/tb.php/185-acd4b887

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |