06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2013.07.18 (Thu)

夏バテ?

 
 
最近、登場の少なかったななこ。
十五歳を迎えてからだいぶ体重が減りました。
 

4.5㌔あった体重が3㌔を切りました。

20130718-1.jpg 
先週初めの写真
 

お風呂場に行ってよく水を飲みます。


20130718-2.jpg 
時々、お風呂に行くときについて歩いてお風呂場で水を飲み
飲み終わったら外に出て待っている時とそのまま部屋に戻る時といろいろで
部屋に戻った時はお風呂から出て階段を上がろうとするとまたトコトコトコと足音が
聞こえて階段の上で迎えてくれます。



20130718-3.jpg 
そんな、ななちゃんが先週の土曜日頃からご飯をほとんど食べなくなって、
お腹が空いてくればそのうち食べるだろうと朝晩新しいフードに取り替えていたが、
水しか飲まなくて超心配になって昨日お医者さんへ行ってきました。
 

先生曰く、3日くらいで飢餓状態?になってしまって、ねこさんはほとんど
食べなくなってしまうので無理にでも食べさせてくださいと言われた。
少しでも食べさせていれば、そのうち自分から食べるようになるからと。
ひとつテクニックを教わりました。
それは、直接錠剤とかを口の中へ与えられる子なら口の中の上側に塗り付けて
なめさせる、または鼻先に塗ってなめさせるという方法だった。
 
 

ビタミンを点滴で入れてもらい、注射も1本うってもらった。
ななこはやっぱりこの先生とは相性がいいみたいでそんなに暴れることもなく
おとなしく点滴も注射もさせていた。
金曜日か土曜日にまた経過を報告に行っていきます。
  

点滴を背中から入れて前足の方に下がってきて少し歩きづらそうに歩いていた。
この前血液検査をしてから肝臓薬と血管拡張剤を飲ませていましたが、
何も食べていないのに薬だけ飲ませるのもと思って薬を止めていました。
でも続けて飲ませたほうがいいというので再開しました。
 

今朝はペーストのフードを1/4与えてみたら少しだけ食べたので少し安堵でした。
仕事から帰ってきて見たら半分位残っていました。
また、1/4を新しく与えましたが、匂いだけ嗅いで食べてくれませんでした。
仕方ないので、少し強引に口と鼻先につけてなめさせました。
しつこくしていたらそのうち少し食べる気になったみたいで
指についたフードを食べ始めました。
量は少量ですが、手のひらに乗せたのも食べ始めたので少し安堵しました。


20130718-4.jpg 
栄養が行き届かないのか、耳の裏の毛がなくなっていました。
先生曰く、あまり重要としていない場所なので問題はないでしょう。
 

これから年齢を重ねて病院通いが増えていきそうな今日この頃です。
人間と同じですね。




スポンサーサイト

テーマ : ○ ワンコ時々ニャンコ ○ - ジャンル : ペット

23:33  |  ななこ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

てんさんへ

加齢も大きな要因だと思いますが、さすがに水しか飲んでいなかったので超心配しました。
昨日(金曜日)も背中から皮下点滴をしてもらってきました。
少しだけ食欲も出てきたみたいなので、自力でいっぱい食べられるまでは無理やりにでも少しづつ食べさせようと思います。
動物病院を今の所に変えて、ななこには前の所よりストレスが少ないみたいです。
点滴も注射も怒らないで大人しくさせてくれました。
渓雲 |  2013.07.20(土) 20:39 | URL |  【編集】

こんにちわ。
ななこちゃん、4.5㌔から3㌔切ったって聞いてビックリしてしまいました。
ご飯も少ししか食べないと栄養も当然不足しちゃいますよね。
私はちょびが食べなくなった時に「フェロビタⅡ」という
高カロリーサプリもご飯と一緒にあげてました。
ペースト状なんですが、ちょびの場合喜んでなめてくれなかったので
上あごに塗ってあげてました。
とりあえずはなんでも良いから食べてくれるといいですね。
この暑さ…にゃんこにもわんこにも人間にも厳しいですね。
てん |  2013.07.19(金) 09:27 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://keiwn.blog46.fc2.com/tb.php/584-2043f78a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |