03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2013.12.07 (Sat)

小梅ちゃんが

 

小梅ちゃんが、突然真っ直ぐ歩けなくなりました。
って、書いたら見た人はビックリするでしょう。

20131207-1.jpg

でもそれに近い事が今週の水曜日にありました。

夜の10時半を過ぎた頃、起き上がって歩こうとした時、突然倒れました。
何が起こったのか最初は分からず見ていると
小梅ちゃんが一生懸命歩こうとしているのに身体が云う事を利かないみたいで
ヨロヨロとして倒れて何度も繰り返していました。
見かねて身体を支えたけどやっぱり歩けないみたいでした。

そしてヨダレがすごい出ていました。
自分ではどうにも出来ないみたいで拭いても拭いても出てきます。
小梅ちゃんも何が起こったのか分からず不安そうな顔をしていました。
とりあえず横にしてしばらく様子を見ました。

そのうち今度は嘔吐してしまいました。

ネットで症状を書き込んで検索してみたら似たような症状がありました。

「前庭疾患」に症状が似ていました。
全ての老齢犬・猫に突発的に発症する可能性があります。
前庭器官は、耳の奥の内耳にあります。
前庭器官は、体の平衡感覚をつかさどる器官です。
この器官に何らかの原因で異常をきたすことで発症します。
24時間~48時間かけて進行して数週間かかって回復する症例が多いですが、
後遺症として、軽い斜頸が残ります。また、再発することがあります。

これを読んで心配でたまらず翌朝まで様子を見ました。(寝不足です)
もし症状が残っていて歩けないようなら病院に行くしかないと思っていました。
でも小梅ちゃんは何もなかったようにケロッとしていました。
ひとまず安心しました。

木、金と腫れ物を触るような気持ちで小梅ちゃんを見守りました。
今日は、ワクチンの接種も兼ねて病院に行ってきました。
そらちゃんも一緒に。


先生曰く、脳神経の疑いがあるのかも?
犬は細い血管が詰まるとすぐにバイパスができるということです。
仮に太い血管が詰まっても塊がなくなってしまったからではないかと。
それからやはり前庭疾患も考えられるが、治ってしまったので
推測の域でしか判断できないということでした。
まあ、様子を見守るとういうことで帰ってきました。


【More・・・】

 





只今、描いているそらちゃん。
20131207-2.jpg 
最初は色をつけるつもりで周りの景色も描き始めたものの
そらちゃんをリアルに描き始めたらちょっと時間がかかってます。

スポンサーサイト

テーマ : ○ ワンコ時々ニャンコ ○ - ジャンル : ペット

14:19  |  こうめ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

てんさんへ

ご心配をおかけしましたが、今のところ大丈夫のようです。
この前のことが嘘のように、いつもと変わらず食欲も旺盛、散歩もいつもと変わらずに歩いています。

ななこの時があまりにも突然だったので、でも食事ができないこと自体が普通じゃなかったのですけどね。
小梅も年齢的にはおそらく13歳前後だと思いますので、いつ今回のような症状が起きてもおかしくないわけで心配の種はつきません。
今、一番の心配は寝たきりになった時のことです。
そうならない事を祈っています。
渓雲 |  2013.12.11(水) 22:36 | URL |  【編集】

こんにちわ。
その後…小梅ちゃんは大丈夫ですか?
脳神経なんて聞くだけでも怖いです。
ちょびが居なくなってからは、自分の事だけ考えればいい生活で
自分以外に病気の心配なんて忘れかけてました。
だから小梅ちゃんの症状を聞いて
一気に"心配な気持ち"を思い出しました。
目に見える傷とかではないだけに、心配ですね。
一時的なものであることを祈ってます。
てん |  2013.12.11(水) 17:01 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://keiwn.blog46.fc2.com/tb.php/603-adb9d67a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |